成人の約8割が歯周病!? その症状は?予防法は?

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症のことです。炎症によって歯を支える歯茎や骨が壊されていき、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。
初期症状があまりなく、気付かないまま進行していき、痛みを感じたころにはかなり歯周病が進行している場合が多いです。

成人の約8割が自覚なく歯周病に罹っているといわれています。自覚症状がないので治療をされずに放置された歯周病は、年齢が上がるとともに悪化し、40歳以降に歯が失われる原因となります。
日々の生活習慣により歯周病になる危険性を高めるため、生活習慣病のひとつに数えられています。

歯周病の症状と引き起こす弊害

歯周病になると、歯ぐきが赤みや腫れがでて、歯磨きの時に歯ぐきから出血したりします。歯ぐきの炎症が強くなると、歯と歯茎の隙間に膿が溜まり、口臭や口腔内の粘着きなどの原因になります。更に悪化すると歯を支える骨が解け、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病を放置し慢性化してしまうと、歯周病の原因である細菌が毒素や炎症物質を異常分泌され、それが血流にのって全身へ広がり、様々な全身の病気に罹る危険性が高まります。

歯周病の予防や治療は、身体の様々な病気の予防に役立つことに繋がります。健康な生活を送るためにしっかりと歯周病予防・治療をしましょう。

怖い歯周病、自己診断でチェックしてみよう

日本臨床歯周病学会の公式サイトで公開されている、歯周病のセルフチェック項目をもとにあなたが歯周病か、思い当たる症状をチェックをしてみましょう。

歯周病セルフチェック

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむず痒い、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたいものが噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間が出てきた。食べ物が挟まる。

※上記の項目が3つあてはまる
→油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。

※上記の項目6つあてはまる
→歯周病が進行している可能性があります。

※上記の項目すべてあてはまる
→歯周病の症状がかなり進んでいます。

歯周病の原因は?

口の中には約300~500種類もの細菌がいます。この細菌には善玉と悪玉があり、共存していますが、普段はあまり悪いことはしません。
しかし、歯磨きが不十分であったり砂糖を過剰に摂取したとき、ネバネバした物質を作り出し歯の表面に歯垢(プラーク)としてくっつきます。この歯垢(プラーク)は粘性が高く、うがいをした程度では落ちません。

歯垢(プラーク)1mgの中には約10億個の細菌が棲みついているといわれ、それら細菌が歯周病を引き起こしています。
歯垢(プラーク)は日々の歯磨きなどで取り除いていかないと硬くなり、歯石となります。
歯石になると歯磨きでは取り除けなくなるので、歯医者さんなどで歯石除去をしてもらう必要があります。

ほかにもストレスや喫煙、かみ合わせがわるかったり、糖尿病などの病気によって免疫が落ちて症状を進行させたり、妊娠中の女性は口腔内のホルモンの影響で歯肉の炎症を起こすようです。

歯周病を予防するのに効果的なアイテム

歯周病の予防といえば、やはり歯磨きによるブラッシングでお口の中を綺麗にすることです。しかし、ブラッシングだけではみがきにくい、奥歯や歯の間などの歯垢(プラーク)には歯間ブラシやデンタルフロス、洗口液などがオススメです。
歯周病予防のためにお口の中を清潔に!
 

プラーク除去にもっとも効果的と言われているのが、歯間ブラシ、またの名をデンタルフロスです。「GUM デンタルフロス ワックス」は水分を含むと膨らむ特殊加工のナイロンを使用しているため、狭い歯間部のプラークまでしっかりと落とすことができます。