そのくしゃみ、花粉症かも?スギの時期以外も要チェックの花粉カレンダー

スギ以外にもある!アレルギー反応を呼ぶ花粉

スギ花粉の多く飛散する時期を乗り越えたはずなのになぜだかアレルギー反応らしい、くしゃみや目のかゆみ、咳などが続いてしまうことがあります。

実は、花粉症の原因となる植物はスギ以外にもあるのです。自覚のないうちに別の植物へのアレルギーを発症しているのかもしれません。

あの植物の花粉はいつ飛ぶの? 花粉カレンダーに注目

環境庁のサイトには花粉カレンダーとして上記の表が掲載されています。コレを見るとわかるように、花粉症の原因となる花粉はほぼ1年中飛んでいるのです。

地域によって差はあるものの、スギ花粉の飛散のピークは概ね2月から4月です。同時期にハンノキ属(カバノキ科)やヒノキ科も飛散を強めます。関東では5月くらいまで飛散量が高いです。北海道・東北では、4月末から6月にかけてシラカンバ(カバノキ科)の花粉が多く飛びます。寒い地方でも注意が必要なのですね。

8月から10月にはブタクサ属(キク科)やヨモギ属(キク科)、カナムグラ(アサ科)の花粉が多く飛散します。特に厄介なのはイネ科です。5~6月のピークを中心に、2月から12月まで全国的に飛散しています。

花粉とわかれば対策できる!おすすめの花粉対策

「花粉症の時期でもないのに秋になると目がかゆい」などという方も、実はブタクサなどへの花粉症を発症していた可能性があります。
医療機関に通うほど重い症状ではないけれど目のかゆみや鼻水を何とかしたいときには、こちらのような花粉対策がおすすめです。

近畿大学が開発した”近大サプリ 青みかん”は、食物繊維やビタミンのほかにヘスペリジン、ナリルチンといった青みかんに含まれる成分を配合した天然由来のサプリメントです。
市販薬と違って眠くならないため、常飲することで花粉症の症状を抑える効果が期待できます。
さらに美容に良い成分が豊富に含まれていますので、特に女性の方は継続して飲んでいくことをおすすめします!
詳細はこちらから