花粉症の症状改善に効果的なアクション3選!

くしゃみ、鼻水が出て、目が痒くなる・・・。この時期、花粉症でそういった症状が出てしまう方は多いのではないかと思います。
人間の体には、入り込んだ異物を外に排出しようとする機能が備わっています。くしゃみや鼻水が出るのは、花粉という異物を排除するために出る反応なのです。
目が痒くなったり充血したりするのは、花粉が目に付着して軽度の炎症を起こしてしまうことが原因です。その場合、人間の体は涙とともに体外に異物を排出しようとする機能が働きます。
こういった、体内に入り込んだ異物を排除しようとする体の働きを免疫といいますが、食生活の乱れやストレスによって免疫が低下していると、体は異物に対して過剰な反応を示すことがあります。これが花粉症によって発生する諸症状の原因です。

花粉症については現在のところ特効薬といえるものはなく、治るとすれば免疫力をサポートすることによる体質改善が唯一の方法となります。
一般的には免疫力の強化については、3つの手段があるとされています。それは「食」「運動」「サプリメント」です。

食事で改善!

食としては主に、腸内環境を整える栄養素を多く含んだ食事を中心にし、花粉症を発症しやすくなる過食は控えるというのが対策として効果的です。具体的には玄米など食物繊維が豊富なもの、レバーやさんまなどビタミンを多く含むもの、またオリゴ糖も善玉菌を増加させやすく、オリゴ糖を含む食品にはバナナやきなこ、はちみつなどヨーグルトに合う食材が多いです。よく「花粉症の症状緩和にはヨーグルトが効果的」と言われるのはこれに由来しています。
腸内環境を整えたいあなたにはこちら

運動で改善!

運動というとピンと来ないかもしれませんが、リンパマッサージで経絡を刺激することで症状が緩和したり、ヨガによって免疫力を高めるというものです。
自宅でできる簡単なものとしては、「鎖骨リンパマッサージ」が有名です。鎖骨の下のくぼみ、押すと痛みを感じるポイントのあたりを優しく揉んであげることで花粉症の症状が和らぐようです。
ただし、運動による症状改善はあくまで「食」の補助的なものです。食を改善することなく運動を行なっても、効果は期待できません。

サプリメントで症状改善!

最後に効果的とされているのは、サプリメント。つまり、食事で補いきれない栄養素を、ピンポイントで摂取する考え方です。
懐疑的な方も昔は多かったようですが、今では完全に一般化しましたね。お子さん向けのジュニアサプリメントなどもあります。
薬品と違って栄養素を補っているだけですので、体質に合わないといったこともほとんどありません。

近畿大学が開発した”近大サプリ 青みかん”は、食物繊維やビタミンのほかにヘスペリジン、ナリルチンといった青みかんに含まれる成分を配合した天然由来のサプリメントです。
市販薬と違って眠くならないため、常飲することで花粉症の症状を抑える効果が期待できます。
詳細はこちらから